GCCのADLのバグにハマる

('A`) ハァ…疲れた.
GCC3.2.2のADLのバグ発見.ボクのコードは間違ってないはずだ.原因洗い出したもん.これは胸を張って「ヽ(`Д´)ノ ウワァァン!!GCCのばくぁわ〜!!」と言っていいはずだ.さらなる傍証としてGCC3.3.3(cygwin)ではちゃんと通るし.
本家の3.2.2から3.3.3にかけてのchange historyを一瞥したけれど,対応するbug fixは見当たらず.っていうかあれ多すぎだからまともに探してないだけだけど.
てか,何ゆえ小さな関数の中だけでひっそりと咲く一輪のtypedef名'visitor'とboost::graph::named_function_paramsのメンバ関数名'visitor'が衝突しますか?勘弁してくださいよ・・・.
cross-platform,それもC++でその上さらにtemplateだったりすると本当にシビアな世界になってくるなぁ・・・.
今日覚えたこと:GCCで意味不明のバグに遭遇したときはADL周りのバグの可能性も探ってみる.同じ名前が意図せず衝突している場合あり.

BBv2でbuild@cygwin

ところでcygwincygwinで一部BBv2がコケるというかGCCコンパイルする際にinput fileがありませんとかって怒られる・・・.MSVCでビルドしたbjam使ってるせいだろうか・・・.というかそもそもcygwinなのにMSVCでビルドしたbjam使っているのは,なぜかcygwinでbjamをビルド出来ないせいなわけで・・・.そのせいかしてcygwin専用のパス名修飾子":W"も効かないし・・・.

WinCVSからアクセスできない!

CVSCVSで仕事場のリポジトリにWinからアクセスできない・・・.いやアクセスできるのだけれどWinCVS(ごった煮)のGUIからだと何故か拒否される.cygwinsshでもputtyplinkでもダメ.CUIからだと何の問題も無く使えるのに・・・.GUIを横目に見ながらCUIでペソペソcommitするというこのそこはかとなく哀愁漂う現状を打破したいっ!!ヽ(`Д´)ノ
っていうかこれに挑戦してるの何度目?

あ〜,MPLのラムダ(というかPlaceholder Expression)って気軽なわりにtemplate template引数の代替になったりtypedef templateの代わりになったりメタ関数クラスになったりもはやなんでもありだな,こりゃ.えげつなく強力.使い方次第でどうにでも化ける代物.